ホーム > リフォームに関する資格

リフォームに関する資格

設計を行うためには、建築士事務所登録が必要です。また、工事金額が500万円以上の場合は、建設業の許可を受けていなければ施工できません。リフォームでは、500万円未満の工事も多いですが、建設業の許可を受けている業者をお薦めします。
建築に関するいろいろな資格があります。リフォームに特化した資格もあります。資格者の人数は、その会社の技術力を判断する一つの指標と考えていいでしょう。

建築に関する資格 リフォームに関する資格

建築士(1級・2級・木造)
建築施工管理技士(1級・2級)
インテリアコーディネーター
インテリアプランナー
断熱施工技術者(BIS・BIS-E・BIS-M)など

増改築相談員
マンションリフォームマネージャー
福祉住環境コーディネーターなど

ページの先頭へ
  • ホーム
協議会について
  • こんな活動をしています
  • 構成団体と活動内容
リフォームで失敗しないために
  • 建築主が最初にすること
  • 性能向上リフォーム(耐震・断熱・バリアフリー)
  • リフォームに関する資格
  • 業者選びのポイント
  • リフォーム詐欺に遭わないために
  • リフォーム事業者登録制度
リフォームお役立ち情報
  • リフォーム関連冊子
  • 相談コーナー
  • 調査・診断
  • 地方公共団体におけるリフォーム支援制度検索